あなたを生かす愛

「不登校児が教えてくれたもの」(森下一著。グラフ社出版) という書籍の中に、心打たれるこんなお話がありました。

斉藤強君は中学校一年のころから不登校になる。まじめでち ょっとしたつまずきでも自分を激しく責めた。アルバイトや就職を試みるが、その度に失敗して次第に自己卑下と自責の念が蓄積、自分は生きる価値がない人間なのだと思いつめるように なる。自殺を図ったのは二十歳の春。彼はガソリンをかぶった 。精神科医の忠告で彼の様子を見守っていた父親はその瞬間、 息子を抱きしめた。自分もガソリンにまみれて叫ぶ。「強、火をつけろ。」二人は抱き合い、声をあげて泣き続けた‥。

後に強君は精神科医の森下さんに、一緒に死んでくれるほど 、父親にとって自分はかけがえのない存在なのか。あの時生まれて初めて、自分には生きる価値があるのだと実感できた。と告白したそうです。
なんとすばらしい愛であろうと感激します。また同時に私た ちの心の奥底には、かけがえのない、尊い、価値のある存在と して認められたい。愛されたい。そんな願いがあるのではないかとも思わせられます。

 

しかし聖書の中にはこの愛に勝る、さらに素晴らしい愛の物語が記されています。それは私たちが住むこの世界と、その中にあるすべてのものをお造りなられたお方、天におられるまことの神様の愛の物語です。

聖書は私たちに次の3つのことを教えています。

1、私たちが住む世界とその中にあるすべてのものを造り、私たち人間をも造られた神様がおられ、そのお方が私たちひとりひとりのことをかけがえのない、尊い存在として、心から愛してくださっています。
2、けれども私たち人間は、まことの神様に背き、自分勝手に歩み始めたので、神様の愛が解らなくなり、空しい人生を送るようになり、死後に神の裁きを受けるべき存在となってしまいました。
3、しかしそんな私たちを救うために、神様は大切なひとり子イエス・キリストを救い主としてこの世に送り、私たちの罪を赦すために、身代わりとして十字架にかけてくださり、死後三日目によみがえらせてくださいました。だれでも罪を悔い改め、イエス・キリストを救い主と信じるなら、罪の赦し、神の子としての特権、永遠のいのちが与えられ、神とともに歩む祝福に満ちた人生を歩むことができます。

教会にかかげられている十字架は、神の愛のしるしです。あの十字架を通してイエス・キリストは「わたしはあなたのためにいのちを捨てた。わたしはあなたを愛している。」と、いまも語り続けておられるのです。ぜひこのお方に出会い、このお方とともに新しい人生を歩み始めてください。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」イザヤ書43章4節
「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(聖書 ヨハネ3章16節)